炊飯器マジックで、おいしい料理が完成。産学官連携事業

 11月15日(火)6時限の「フードデザイン」の授業で、深谷市・地元農産物生産者・地元企業と連携して、

産学官連携事業「深商フードデザインプロジェクト(深谷ねぎらいの日)」を実施しました。

 これは、本校と深谷市、深谷ベジタブルコミュニケーション(株)で協議し、①卒業後に親元から離れる

生徒に自炊のハードルを下げさせたい、②大切な人への労いの気持ちを料理で表現させたい、③地元の特産

を食べてもらいたい、④地元の関連団体を利用してもらいたい、というコンセプトで始まりました。地元

農産物生産者から「ぜひ高校生に食べてもらいたい」と食材の無償提供の申し出もあり、実施できることに

なりました。

 当日は、「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」の管理栄養士の指導の下、簡単に調理できる炊飯器マ

ジックで「深谷ねぎと椎茸の炊き込みごはん」と「深谷牛の肉じゃが」を調理しました。また、「深谷ねぎ

の万能だれ」で「武州和牛の焼き肉」を食しました。

 本プロジェクトで身に付けた調理方法(炊飯器マジック)で、勤労感謝の日でもある深谷ねぎらいの日

に、大切な人に料理をふるまって欲しいと思います。 

 ※食材無償提供者  野 菜・・・・深谷ベジタブルコミュニケーション株式会社

           深谷牛・・・・深谷特撰黒毛和牛振興協議会(株式会社 山下牧場)

           武州和牛・・・株式会社 長谷川牧場

食材提供者も来てくれました。 炊飯器マジックの説明

調理中調理中 「肉じゃが」完成焼き肉