令和5年度3学期始業式

 1月9日令和5年度3学期始業式を行いました。

 校長先生からは、能登半島地震と航空機の衝突事故について触れ、「一隅を照らす」それぞれの持ち場で全力を尽くす。「自分のこととして考える」の2つの言葉についてお話がありました。

「一隅を照らす」

 3年生はあと3か月で進学・就職にと新しい人生を歩み、2年生は自らの進路を決定する1年、1年生はあと3か月で先輩という立場になる。それぞれが自覚をもって過ごし、過ごしていきましょう。

「自分のこととして考える」

 元旦の能登半島地震や2日の羽田空港航空機事故を踏まえ、昨年12月の防災訓練を振り返って、世の中で起こったことを自分事として捉え、考え、備えることが真の学びであることを心掛けて生活しましょう。