二学期終業式が行われました。

十月に通常登校が始まり、深商はすっかりいつもの活気を取り戻しました。

こぢんまりとはしたものの、体育祭あり、文化祭あり、十一月二十日には、深谷文化会館で創立百周年記念式典が開かれました。全校生徒がこのような形で一堂に会したのは、丸二年ぶりのことでした。

残暑に始まり厳寒に暮れる二学期は、その締めくくりに冬至の日が用意されている学期でもあります。

一陽来復。目には見えなくとも、日一日と日差しは着実に伸び、力を回復していきます。

新しい年が皆さんにとってよき年となりますように。

 

校長講話→