TOPICS

定時制最後の日


 平成25年3月31日、本日をもって深谷商業高等学校定時制は閉課程となります。定時制記念碑には「埼玉県立深谷商業高等学校定時制課程は昭和33年に開設され、平成25年に閉課程となった。55年の歴史を有し、1380名の有為な人材を卒業生として送り出した。」と記されています。
 本校の伝統は統合先の吹上秋桜高校に引き継がれますが、55年の歴史の重みと思い出は卒業生一人一人の中で生き続けることと思います。定時制開設当時使用された校舎の二層楼は、記念館としての改修工事がまもなく終了する予定です。休日には見学できる予定です、卒業生の皆さん、是非お立ち寄りください。
 最後になりますが、長い間本校の教育活動にご支援いただいた各方面の皆様方に心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 卒業生の皆様のますますのご活躍を願っています。
 
    
                      
                                定時制記念碑                             閉課程記念樹(はなみずき)