TOPICS (2022)

デジタル人材育成 情報処理系国家試験3冠達成2人目の快挙か?

 情報処理科の生徒は、令和4年度下期の情報処理推進機構(IPA)主催の国家試験

「基本情報技術者試験」(FP)を受験しました。自己採点の結果、9人が合格ラインを

超えています。この内の1人は、既に「情報セキュリティマネジメント試験」(SG)と

「ITパスポート試験」(IP)に合格していますので、今回のFPに合格すると情報処理系

国家試験3冠達成(3種目合格)となります。

 令和4年度上期には、3冠達成者が1人出ており、2人目を大いに期待しています。

12月の合格発表が待ち遠しいところです。

 

11月22日(火) ロードレース大会

 11月22日(火)に、本校にとって3年ぶりとなるロードレース大会が開催されました。絶好のロードレース日和で、生徒たちは練習の成果を発揮して、懸命に頑張っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 準備体操の様子です。

 

 本校をスタートし、学校の周辺を走りました。全長は約6.2kmです。

〔スタート直後の様子〕             〔走行中の様子〕 

 

 男子の1位の生徒は23分台で、女子の1位は27分台でゴールしました。

〔男女1位のゴールの様子〕

 

 

 文化祭に引き続き、ロードレース大会も無事に開催できました。少しずつ学校行事が戻ってきており、とても感慨深いです。今までの日常が、少しでも早く戻ってくることを祈っています。

炊飯器マジックで、おいしい料理が完成。産学官連携事業

 11月15日(火)6時限の「フードデザイン」の授業で、深谷市・地元農産物生産者・地元企業と連携して、

産学官連携事業「深商フードデザインプロジェクト(深谷ねぎらいの日)」を実施しました。

 これは、本校と深谷市、深谷ベジタブルコミュニケーション(株)で協議し、①卒業後に親元から離れる

生徒に自炊のハードルを下げさせたい、②大切な人への労いの気持ちを料理で表現させたい、③地元の特産

を食べてもらいたい、④地元の関連団体を利用してもらいたい、というコンセプトで始まりました。地元

農産物生産者から「ぜひ高校生に食べてもらいたい」と食材の無償提供の申し出もあり、実施できることに

なりました。

 当日は、「深谷テラス ヤサイな仲間たちファーム」の管理栄養士の指導の下、簡単に調理できる炊飯器マ

ジックで「深谷ねぎと椎茸の炊き込みごはん」と「深谷牛の肉じゃが」を調理しました。また、「深谷ねぎ

の万能だれ」で「武州和牛の焼き肉」を食しました。

 本プロジェクトで身に付けた調理方法(炊飯器マジック)で、勤労感謝の日でもある深谷ねぎらいの日

に、大切な人に料理をふるまって欲しいと思います。 

 ※食材無償提供者  野 菜・・・・深谷ベジタブルコミュニケーション株式会社

           深谷牛・・・・深谷特撰黒毛和牛振興協議会(株式会社 山下牧場)

           武州和牛・・・株式会社 長谷川牧場

食材提供者も来てくれました。 炊飯器マジックの説明

調理中調理中 「肉じゃが」完成焼き肉

渋沢栄一ゆかりの地で 『論語』と『算盤(簿記)』を学ぶ

 100年前に渋沢栄一翁が訪れた二層楼(現:深商記念館)では、日曜日に、市民向けの『論語教室』

『簿記教室』が開講されています。いわゆる、現代版の『論語と算盤』講座とも言えます。

 『論語教室』は「渋沢栄一翁と論語の里ボランティアの会」の主催、『簿記教室』は昨年から引き続き

で元城西大学教授を講師として、本校と深谷市の共催(深谷商工会議所 後援)で開講しています。

 渋沢栄一は、「論語」の精神が企業経営には重要であると説いており、西洋式の「簿記」を初めて日本に

導入した人物でもあります。多くの市民が栄一翁に思いを馳せながら、生涯学習として、またリカレント

教育として、それぞれの講座で真剣に学んでいます。

 いずれ他の講座も開かれ、二層楼が地域の学び拠点」へと進化していければよいと思います。

 簿記講座論語講座

鳥羽 博道 氏(ドトールコーヒー創業者)からトロフィー展示棚が寄贈

 本校同窓会員の 鳥羽 博道 氏(ドトールコーヒー 創業者)は、今年4月に来校された際に、

簿記部などの全国大会優勝トロフィーが雑多に並べられているのを目にされました。そこで、

「深商生のこれまでの活躍の成果を、二層楼(現:深商記念館)に展示して、来校された方に

見てもらった方がよいのでは・・・」と話され、展示棚の寄贈を申し出ていただきました。

 11月11日に再び来校され、展示棚に並べた簿記部やコンピュータ部の優勝トロフィーや盾を

御覧いただきました。また、この度の本校発展の寄与に対して、埼玉県教育委員会教育長から

感謝状が贈呈されました。

 生徒たちは、優勝トロフィーが立派な棚に並べられているのを見て、今後の活躍を誓ってい

ました。

 なお、鳥羽 氏は、第19回(令和2年度) 渋沢栄一賞を受賞されております。

ヤングケアラーってなに?

 11月10日(木)、出前授業「ヤングケアラーサポートクラス」を実施しました。これは、教職員や

生徒がヤンングケアラー(18歳未満の介護者等)に対する理解を深め、学校における相談支援を充実

させるための出張授業です。(人権教育課地域包括ケア課

 当日は、生徒向けに大学教員等による講演と元ヤングケアラーによる体験談、教職員に向けに

学校における相談支援に関する校内研修、そして元ヤングケアラー等による生徒との交流相談会が

行われました。また、県教育委員会の委員3名が来校され、出前授業を参観されたり講師と懇談さ

れていました。

 

渋沢栄一翁 お手植えの松 が新聞に紹介。あなたは見ましたか?

 渋沢栄一翁は、100年前に本校を訪れた際、記念に松の木を植樹しました。

 100年の時を経て、二層楼(現:深商記念館)の側らで大きく成長した「栄一翁 御手植えの松」が

「埼北よみうり」(11月11日付)に紹介されましたので御覧ください。

3年生修学旅行(2日目)

本日は、まず金沢城跡でクラスごとの写真を撮りました。

そして、兼六園まで移動し、 班別の見学となりました。

 

<ひがし茶屋街>

 

<金沢駅>

あっという間の2日間だったと思いますが、楽しめたようです。

大変お疲れ様でした。

明日は休日ですので、よく体を休めて下さい。

 

3年生修学旅行(1日目)

昨年度、コロナウイルスの影響で修学旅行に行けなかった3年生。

1年遅れにはなりましたが、代替の旅行に行くことができました。

1泊2日で、方面は金沢です。

 

生徒は高崎駅に集合し、新幹線で金沢へ向かいます。

集合風景1

 

 

 

金沢に無事到着し、早速クラスごとの観光となりました。

 

武家屋敷

<武家屋敷>

 

妙立寺

<妙立寺>

 

クラス別行動では、各種体験が楽しめたようです。

このクラスは和菓子作りのようです。

 

 

 

 

明日は兼六園を訪れ、その後班別自由行動となる予定です。

日頃、進路活動で忙しい3年生ですが、この旅行が息抜きになると良いですね。

最後に良い思い出を作って来て下さい。

【修学旅行⑤】最終日の様子

いよいよ最終日です!
本日はクラス別行動になります。

 

知恩院になります。

 

 

清水寺になります。

 

 

伏見稲荷になります。

 

嵐山になります。

埼玉の嵐山はやはり少し似ていますね!

 

 

4日間天候に恵まれました。

広島では平和学習を通じて、原爆や戦争の残酷さや愚かさを学べました。

その他班行動では、団体行動の難しさや楽しさを学べ、充実した修学旅行でした。


お疲れ様でした! 

【修学旅行④】3日目の様子

 ハロウィン期間ということもあり、開園前から行列ができたため、開園時間が8:30から7:30に早まりました。

 混雑していましたが、 早い時間帯に入園できた深谷商生は満喫できました!

いよいよ明日は最終日です!

【修学旅行③】2日目の様子

 宮島をあとにして、神戸・大阪へ‼︎
それぞれ班別行動になります。

    【道頓堀(大阪)の様子】             【海遊館(大阪)の様子】

 

新神戸駅では、先生がピアノを披露してくれました。

 

ハーブ園です。ハーブに癒されつつ、神戸の美しい景色を一望できました。

 

北野異人館街では洋風建築物の美しさに触れることが出来ました。


明日はUSJになります!

【修学旅行②】1日目の様子

 広島の平和学習ではガイドの方に貴重なお話しをして頂き、原爆の悲惨さ残酷さを知ることができました。事前学習は行いましたが、実際に被爆された方のガイドはリアリティがあり、終始メモをしながら真剣に聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳島神社に着きました!

鳥居は12月まで改修工事の予定でしたが、なんと工事終了が早まり、見ることができました!

 

 

【修学旅行⓪】明日から3年ぶりの修学旅行!

 本日、修学旅行にむけての荷物の積み込みがありました。

 明日から3泊4日で、広島、大阪方面に向かいます。

 本校にとっては3年ぶりの修学旅行になります。

 無事に帰ってこられることを祈っています。

書道部が J:COM の番組で紹介されます。ぜひ、見てください。

本校書道部は、深谷市の「『中の家』屋根瓦改修プロジェクト」に協力をしました。

その様子が、J:COM「LIVEニュース熊谷・深谷」という番組で放送されます。ぜひ、

御覧ください。

 放送日時 11月3日(祝)12:30~

また、スマホアプリ「ど・ろーかる」でも同時刻から1週間配信するそうです。

新聞で紹介。深商生とPummyのコラボ商品。食べましたか?

 10月22日(土)付の埼玉新聞に「ふっかちゃんのふわふわほっぺパンケーキ」

が紹介されました。ぜひ、ご覧ください。(HP掲載の許諾を得ています)

 この商品は10月限定で好評販売中です。あなたは、食べましたか?

2022年(令和4年)10月22日付 埼玉新聞 11面

 

10月19日(水) 2学期中間考査スタート!

 中間考査がはじまりました。土日を挟み、24日(月)まで行われます。

 初日は、1年はビジネス基礎と国語、2年は世界史とマーケティング、3年はコミュニケーション英語と選択授業Bの考査が実施されました。

 日々の勉強の成果が発揮できるよう、頑張りましょう!!

中学3年生、半年後は深商生か?

 10月15日(土)、学校説明会を開催しました。

 深谷市内・熊谷市内・本庄市内からはもちろんのこと、上尾市内や東松山市内、

長瀞町内等からの参加者を含め、たくさんの中学生・保護者の皆さんに参加して

いただきました。学校概要や入試の特徴等について説明を受けた後、簿記・情報

処理の授業を、真剣に受けていました。

 中学3年生の皆さん、半年後、深商で学んでいる自分の姿を想像できましたか?

10/12 第75回体育祭が開催されました。

 一学期から、二度にわたって延期された体育祭がようやく実施できました。

昨年に引き続き、コンパクト版での開催とはなりましたが、涼やかな秋の1日をどの学年も全力で楽しむことができました。

お祝い成績王冠

総合順位 優勝 1B 準優勝 1E  2A  3D 

 3学年 優勝 3D 準優勝 3C 3位 3E

 2学年 優勝 2A 準優勝 2D 3位 2G

 1学年 優勝 1B 準優勝 1E 3位 1H

種目別順位はこちらをご覧下さい。 →令和04年度 体育祭 成績結果

 

 

 

 

 

 

 

10月限定です。『ふっかちゃんのふわふわほっぺ』

 本校3年生が、地元"深谷市"を盛り上げようと、「商品開発」

の授業で、地元のパンケーキ屋Pummy(パミィ)とコラボ

して、新商品「ふっかちゃんのふわふわほっぺ」を開発して

商品化しました。

 このパンケーキは、深谷市のイメージキャラクターである

「ふっかちゃん」をモチーフにしたデザインとなっています。

10月限定でPummyで販売していますので、ぜひ食べてみ

てください。

 Pummy 深谷市上野台83―1  048-594-9788

 

渋沢栄一翁が、深商に来ました

渋沢栄一翁 御手植えの松 100年

渋沢栄一翁が、大正11年(1922年)10月1日に本校に来校しました。

二層楼(旧校舎、現記念館)にて講演を行い、校訓になっている「至誠」・「士魂商才」の書を残しました。

また、栄一翁によって松の木が植栽されました。本校の文化祭開催の日が記念すべき100年目になりました。

 

日曜日には、10時~12時、13時~15時の間で、二層楼の一般公開をしています。

一般の方でも、二層楼の建物内の見学ができますので、ぜひお越しください。

未来の深商生か? 常盤小学校5年生が来校。

 9月2日(金)に、深谷市立常盤小学校5年生が来校し、二層楼(深商記念館)を題材にした写生会用の写真を

撮影しました。また、自分たちが採った”藍”の種が、深商生によって育てられているの知り、渋沢栄一と両校の縁を

感じていました。その時の様子が、新聞に掲載されましたので紹介します。

  「埼北よみうり」 令和4年9月9日付

 

9/1 2学期 始業式がありました。

  ひと頃の蒸し暑さもやや収まり、2学期が始まりました。体調管理に留意して過ごしていきましょう。

 始業式の講話では、校長先生が『思考の整理学』を引き、自力では飛び上がることのできない「グライダー型人間」ではなく、自分に備わっているエンジンを使って自由に飛びまわることのできる「飛行機型人間」を目指して欲しいとお話されました。外山滋比古のこの著作は、1983年の刊行以来、今なお読み継がれている名著です。

 また、いつものように各学年へ向けてのメッセージがありました。3年生は進路に向けて自分を信じ本気の勝負を、2年生は3年からバトンを受け取り学校の中心となる自覚を、1年生は自己を確立する「自分づくり」をという言葉をそれぞれが受け止め、長い2学期の生活に生かしていきましょう。

 2学期始業式校長講話

中学3年生の皆さん、高校選択の時期がはじまりますね

 8月29日(土)・30日(日)、中学3年生の高校選択を応援するため、体験部活動を開催しました。

 今回は、バレーボール部(男女)・バスケットボール部(男女)・卓球部・剣道部・野球部の活動に、

約200名の中学3年生・保護者が参加してくれました。

 いよいよ2学期が始まり、中学3年生にとっては高校選択が本格化します。

「あなたのやりたいことが、できる高校を選んでください。」

 

選手宣誓をします。 あなたも、応援してください。

 全国高校ラグビー埼玉大会の選手宣誓を、本校ラグビー部の 橋本 海琉 主将が行うことになり、

埼玉新聞(8月23日付)で紹介されました。(HP掲載の許諾を得ています)

 この選手宣誓の様子は、9月3日(土)19:00~、テレ玉で放送する出場チーム紹介番組で

放映されます。ぜひ御覧ください。

 なお、本校は合同チームCとして出場する予定です。応援よろしくお願いします。ちなみに、

本日(8月24日)は「ラグビーの日」だそうです。

ちょっと、大人体験。 小中学生を相手に、奮闘しました。

 8月18日・19日、深谷公民館で、「おしごとフェスタ2022~渋沢栄一にならえ~」が開催されました。

これは、深谷市主催「渋沢栄一ひとづくりカレッジ」の夏休み企画で、将来を担う小中学生が体験しながら

道徳と経済を学ぶ企画です。

 このイベントに、本校簿記部の生徒がスタッフとして参加し、市役所の職員や協力企業の社員と一緒に、

「おしごと」体験を支援していました。(就業体験)

 生徒は「自分が仕事をしているようで、貴重な経験をしました。ちょっと大人になった気分です」と話し

ていました。

 写真は、生徒がANAのスタッフとして、CAと一緒に、小中学生や保護者に紙飛行制作(紙飛行機を作

ろう!)の指導をしている様子です。

 

中学3年生、後悔しない高校選択を

 本日(8月10日)、体験入学を実施し、中学3年生と保護者 約550人に参加していただきました。

  参加者は、学校概要の説明を受けた後、簿記・情報処理の授業を受講しました。校内の自由散策の際は、

創立時期に渋沢栄一翁が訪れた当時の校舎(現:深商記念館「二層楼」)を、たくさんの参加者が見学して

100年を超える伝統と歴史を感じていました。

 県南地区から来た保護者は、「資格取得が素晴らしく、進路につながりますよね。ホームページを見ると、

地域といろいろな活動をしていますね。高崎線一本で通えるし、父親も、ぜひ入学して欲しいって言ってい

るんです」と話していました。

  

渋沢栄一ゆかりの二層楼で、”藍”がお出迎え

 深商記念館(二層楼)の玄関には、”藍”のプランターが並べられており、見学者を出迎えています。

 この”藍”は、本校園芸部が教育研究助成を受け、環境学習の一環として育てているものです。

 ”藍”の種は、深谷市立常盤小学校の児童が「藍の種プロジェクト」で採ったものを、同校から譲り受けました。同校

の鼓笛隊が、渋沢栄一を主人公とした 大河ドラマ「青天を衝け」のBGMを演奏したことは、ご存じのことと思います。

 9月2日(金)には、小高交流の一環として、同校児童が写生用の写真を撮影するために、本校を訪れる予定です。

         

「アフター大河バトンプロジェクト」が、新聞に紹介されました

 本校美術部が参加した「アフター大河バトンプロジェクト」が、埼玉新聞(令和4年8月1日付)に

紹介されました。郷土の偉人で大河ドラマ「青天を衝け」の主人公 渋沢栄一を、黒板アートとして描き

ました。制作過程の動画の撮影・編集には、深谷市役所 渋沢栄一政策推進課に協力していただきました。

 このプロジェクトには、京都府立福知山高校、兵庫県立柏原高校、兵庫県立出石高校の美術部も参加し

ており、12月にはリモートでグランプリ大会を開催する予定です。

 「埼玉新聞」令和4年8月1日付(HP掲載の許諾を得ています)

 

 

「アフター大河バトンプロジェクト」が始まりました

全国各地の大河ドラマの舞台となった地域の高校生が、「大河ドラマ」をテーマに黒板アートに取り組みます。

本校美術部も参加し、「青天を衝け」の渋沢栄一をモチーフにした黒板アートを制作する予定です。

7月19日午後、深谷市役所の担当者も来校し、京都府立福知山高校美術部とZoomで打合せを行いました。

詳細は、後日報告します。

 

7/20 1学期終業式がありました。

 異例の早さで梅雨明けを迎えた1学期が終わりました。

 感染拡大防止のため、今回も全校リモートによる終業式となりました。

 校長先生からはまず、雨天のため本日に延期された消防訓練についての講評があり、「想定外を想定し、自分事として捉え、迅速に避難する」心構えが話されました。

 終業式の講話では、大リーグの大谷選手の活躍に触れながら、3年生は進路実現の達成を目指して、1・2年生は何か一つ目標を持ってこの夏休みを過ごして欲しい、とのお話がありました。生徒指導部主任からは、生活全般についての注意と、特に1学期に多発した交通事故に関する注意喚起などがありました。

 続いて表彰伝達が行われました。部活動では、バドミントン部・陸上部・卓球部・簿記部・コンピュータ部・ビジネス部・写真部・文芸書道部が、高度資格表彰では、日商簿記検定2級・漢字検定2級取得者が表彰されました。部活動の成績については、各部の活動報告をご覧下さい。

 引き続き、全国大会に出場する簿記部とコンピュータ部、関東大会に出場する山岳部の壮行会が行われ、それぞれに意気込みを語りました。簿記部は簿記競技大会(団体競技の部・36年連続)、コンピュータ部は情報処理競技大会(団体競技の部・34年連続)、ワープロ競技大会(個人競技の部・14年ぶり)への出場となります。大舞台で日頃の成果を十分に発揮してきて下さい。皆さんの活躍を応援しています。

 

第1学期終業式・校長講話

簿記部とコンピュータ部の全国大会出場が、新聞に紹介されました

簿記部が全国高等学校簿記競技大会(7月25日開催)に、コンピュータ部が全国高等学校ワープロ競技大会(7月27日開催)

と全国高等学校情報処理競技大会(7月31日開催)に出場することになりました。

このことが「埼玉新聞」に取り上げられ、記事として掲載されましたので紹介します。なお、HP掲載について許諾を得て

います。

     「埼玉新聞」(令和4年7月20日付)

 

中学生が商業の授業を体験

7月8日(金)に深谷市立明戸中学校の3年生が来校し、商業科目「総合実践」の授業を体験しました。

その時の様子が、「埼北よみうり」に掲載されましたので紹介します。

「FMふっかちゃん」(88.5MHz)を聴いてください

7月22日(金)9時20分~9時40分に、「FMふっかちゃん」で放送する「Weekday!ふっかモーニング」で、

本校の風紀委員「自転車被害なくし隊」の取組と、簿記部・コンピュータ部の全国大会出場が紹介されます。

「FMふっかちゃん」のホームページ → https://www.fukaya-fm.com

芸術鑑賞会≪演劇≫~地雷探知犬NEENA~

 7月15日(金)、深谷市民文化会館において芸術鑑賞会が行われました。今年度は、劇団マグネットワールドの「地雷探知犬~NEENA~」を観劇しました。カンボジアに今なお埋まっている多くの地雷、それを除去するために活動するボランティアと探知犬の物語です。現在のウクライナ情勢のことも含め、「戦争が終わっても、平和は簡単に訪れないこと」を深く考えさせられました。劇団員の方々の圧巻の演技で、あっという間に時間が過ぎていきました。劇団マグネットワールドの皆様、ありがとうございました。

R4年度 1学期期末考査について

期末考査がはじまりました。土日を挟み、6日(水)まで行われます。

 初日は、1年は科学と情報・プログラミング、2年は財務会計Ⅰ・ビジネス情報と保健、3年は現代文が実施されました。

 暑い日が続きますが、普段の勉強の成果を発揮できるよう頑張りましょう!

R4 1学期期末考査.pdf

5/27 校外HRに行ってきました。

〈3年生編〉

 朝9時、上野駅をスタートし、浅草・スカイツリー・秋葉原・お台場・下北沢・新大久保・葛西臨海公園など各班ごとに目的地へと向かいました。

 土砂降りの雨で午前の計画を急遽変更したグループもありましたが、昼過ぎに雨はピークを越え、都内散策も楽しむことができました。目標通り、自主性と教養を養う一日になったここと思います。

 雨上がりの夏空広がる夕刻に解散となりました。

 

〈1年生編〉

  5月27日(金)、校外HRで軽井沢へ行ってきました。

  学校を出発した際は横殴りの雨、予定していたトレッキングは難しいかと思われましたが、そこは日頃の行いがよい1年生(?‼)見事晴れ間が!

  無事にトレッキングスタート、 途中険しい道もありましたが、みんな頑張って歩きます。

 

  マイナスイオンを帯びながら目的地「白糸の滝」へ到着しクラスごとに記念写真を撮りました。

 その後バスで軽井沢駅方面へ移動し、班別行動です。

 

 

高校入学後初めての行事、バスの中ではクラスの親睦をはかり、班別行動では各班計画的に楽しんでいたようです。

お疲れさまでした。

5月20日(金) 中間考査スタート!

 中間考査がはじまりました。土日を挟み、25日(水)まで行われます。

 初日は、1年は簿記と国語、2年は数Aと原価計算、3年は総合実践と理科の考査が実施されました。

 1年生にとっては初めての考査、3年生にとっては進路に関わる大事な考査です。普段の勉強の成果を発揮できるよう頑張りましょう!

 また、創立100周年を記念して寄贈された「デジタルサイネージ」の活用が始まりました。考査日程や校外HRへのカウントダウンなど、様々な情報が掲載されています。生徒玄関にあります。是非チェックしてみてください!

 

4/28(木) 離任式を行いました。

 この3月で本校を去られた先生方の離任式が、2年生は体育館、1・3年生は教室でリモートと分散して開催されました。

 校長先生の離任者紹介に続き、ビデオレターも含め9名の先生方からお話を頂きました。

 勤務された期間は1年から19年と長短はあっても、どの先生のメッセージも深商生への温かい励ましに満ちていました。

 生徒会長からのお礼の言葉の後、部活動などでお世話になった生徒からの花束贈呈があり、式は終了しました。

 

 

4/11  部活動紹介が行われました。

今年は、2年ぶりにパフォーマンスありの部活動紹介となりました。

4/19(火)には部活動登録があり、本格的に活動開始となります。

 

4/8 1学期始業式・入学式がありました。

 

「人は節目で伸びる」

 初顔合わせのクラスメートにクラス替えしたばかりの教室。いよいよ、新たな1年が始まりました。

 皆さんにはそれぞれ、今年こそ頑張ろう、やり遂げようと胸に期すものがあることでしょう。

 校長先生から「人は節目で伸びる」「耳に痛い言葉を大切に」という、その決意を力強く後押ししてくださる言葉がありました。なりたい自分に向かって、今日の良き緊張感を忘れず、一日一日を大切に過ごしていきましょう。

 第1学期始業式・校長講話

 

「自らの原点となる高校生活を」

 木々の若芽が二層楼の萌葱色に光り、西門のハナモモが満開を迎える中、278名の新入生が本校の生徒として入学を許可されました。

 思い描いていた高校生活を現実のものとするのは、自らの意志の力であると同時に、ともに学び合い励まし合える仲間の存在です。

 創立102年の伝統に新たな息吹を送り込むのはあなたたちです。深商で学んでよかったと思える充実した3年間を過ごしてください。

 入学式式辞

 新入生誓いの言葉

 

 

 

令和4年度 年間行事予定を掲載しました。

令和4年度がスタートしました。明日は始業式、午後からは新入生を迎え、深商の新しい年度が本格的に始まります。

令和4(2022)年度年間行事予定表(4月6日版)を掲載しました。「お知らせ」の「年間行事予定計画」、または、下記のリンクからご確認ください。

状況により行事予定は変更される場合があります。ご了承ください。

本年度もよろしくお願いします。

令和4年度 年間行事予定