二層楼改修記録

二層楼改修記録

二層楼完成間近

 多くの皆様に完成を待ちわびていただいております二層楼の改修工事ですが、いよいよ6月17日の完成まで残すところ1か月弱となりました。外壁工事が完了し、足場が外され、創建当時と同じ萌葱色の雄姿をご覧いただくことができるようになりました。内部の工事も急ピッチで進められています。随所に当時の基本設計技術の高さ、センスのよさが見て取れます。
 
   
        校舎南側            校舎北側        校舎西側、生コン打設中
    
        東側階段           二階廊下西側から   緑色に塗られた1階東会議室

二層楼、萌葱色の外壁を現す

 平成25年度第1学期を迎え、二層楼の改修工事もいよいよ終盤に差しかかってきました。工事完成まであと2か月ほど、6月17日が完成の予定です。これまで工事用シートに覆われて、その外観がほとんを分からなかったのですが、この程シートが畳まれ、創建当時の緑色に塗られた外壁が姿を現しました。改修前に比べて落ち着きのある雰囲気に生まれ変わりました。内部の工事も急ピッチで進められています。
 春期休業中の4月4日には松山高校の映像制作部の生徒4人と引率の先生が本校を訪れ、校長へのインタビューと二層楼の工事現場の取材が行われました。
 
          
      姿を現した萌葱色の外壁    松山高校生徒の取材に応じる校長
 
         
         2階廊下              2階東教室内
         
    

二層楼 尖塔部分の完成

 二層楼のシンボル尖塔部分が遂に完成し、足場の解体作業が当初、2月16日(土)に予定されましたが、強風のため延期されていました。2月21日(木)、いよいよ足場が解体され、創建当時と同じ緑色に塗られた気品のある姿を皆さんにご覧いただけるようになりました。降雪や強風で工事はやや遅れているそうですが、現在、全体のおよそ60%が完成しました。
 2月15日(金)には、本校の高橋同窓会長が視察に訪れ、熱心に内部構造や工事の様子をご覧になられました。完成が待ち遠しいものです。
 
      
   塗装中の尖塔部(2月7日)  足場解体を待つ(2月15日)     足場撤去完了間近(2月21日)
 
     
      同窓会長の視察       再利用を待つ窓枠   ドーマー部を見上げる(2月15日)

二層楼の尖塔、まもなく完成

 平成25年も1か月が経過し、暦の上では春を迎えようとしています。二層楼の改修工事も順調に進んでおり、尖塔部分がほぼ完成し、避雷針の設置が行われました。次週には塗装が完了して足場の解体作業が行われる予定です。間もなく皆さんの前に尖塔の力強くも優美な姿をお目にかけることがでそいうです。なお、瓦の葺き替え作業は北面がほぼ終了しました。
 
       
 
    尖塔部を北側から見る     尖塔避雷針      二層楼全景(北側)   

二層楼 屋根瓦の葺き替え工事進行中

 寒風が肌を刺す季節となりましたが、二層楼の屋根瓦の葺き替え工事が順調に進んでいます。用意された瓦は11,350枚、総重量45tにもなるそうです。瓦は12月20日と21日にクレーンでつり上げられました。東側より1枚1枚丁寧に葺かれていきます。
 また、内部の工事の進行状況ですが、外壁の下地となる透湿・防水シートや合板が貼られ、床下のコンクリート打設も完了しました。柱や梁の悪い部分は部分的に付け替えられるなど、できるだけオリジナルのものを使用するように手間のかかる作業がなされています。雨水の浸入で傷みが激しかった軒や窓は新しい部材に置き換えられました。
 
  
   北側からの全景        尖塔付近の様子        東側階段上部の屋根
 
   
 継ぎ足された柱    交換された梁              配管を通した床下コンクリート   2階西側教室の内部