校長挨拶

校長挨拶

挨拶      

                      
 
  深谷商業高校定時制課程は、昭和33年に設置され、本年で55年目を迎えます。半世紀以上の歴史を誇る埼玉県で数少ない商業科の定時制高校です。昭和43年には普通科も設置され、生徒数が最も多い時期には学年4クラスとなり、勤労学生達の学びの場として、その使命を果たしてきました。
 最近では、定時制高校の役割も大きく変わり、新しいタイプの定時制高校が開設されています。本校もその流れの中で、新しいタイプの定時制高校である吹上秋桜高等学校に統合されることとなり、今年度末を持ってその長い歴史に幕を下ろすこととなりました。
 昨年度は、3年生と4年生35名と少ないながらも、授業・部活動等に熱心に取り組みました。部活動ではバスケットボール部が活躍し、商業科目の検定において、日商簿記検定2級合格などの実績を上げました。
 今年度は4年生19名が最後の生徒として有終の美を飾るべく頑張ってくれています。この生徒達が最後まで情熱(Passion)をもって行動(Action)し、未来を創造(Creation)できるよう、取り組んでいきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。